RSS | ATOM | SEARCH
お子さんがひざ痛で「オスグット」と言われたら、元気が一番整体室を思い出して下さい!
県北地域からひざ痛で来た小6の男児、
 
病院ではオスグットと云われたそうです。
 
 
最初は4月頃、その後は症状はおさまっていたそうですが
 
2週間位前から再び痛みが出てきたそうです。
 
 
痛みは左膝で
 
走ると痛い、
 
ジャンプの着地で痛い、
 
ひざの屈曲で痛い、
 
ひざ下を押すと痛い、状態でした。
 
 

 
痛みの動作を確認した後は
 
セルフエクササイズのレクチャーから始めます。
 
 

 
ひざ下の圧痛は組織復元法で軽減、
 
ひざの屈曲痛は大腿部の
(関節動作を伴わない)ストレッチから関節動作法で軽減、
 
右膝の曲がりも少し気になるので、こちらも関節動作法で改善しておきます。
 


痛み自体はセルフエクササイズで大幅に改善できましたが
 
根本原因は疲労などによる自然治癒力の低下だと考えています。
 
 

 
当室ではオスグットなどのスポーツ障害も
 
疲労などで血液などの体液循環が低下し
 
筋肉や筋膜の緊張や凝りが慢性化し
 
その結果として弱い所に症状が出ていると考えています。


 
 
経験的には、成長期の云々と云う説明はあまり説得力がないと思っています。
(苦しい言い訳に聞こえます...)

 
 
 
彼の場合も、
 
体液の循環を調整し、緊張している筋肉筋膜を緩めて
 
不正な関節動作を修正してあげると
 
室内で確認できる痛み(ひざの屈伸、軽めのジャンプ、圧痛)は
 
すべて寛解してくれました。
 


 
次のステップはセルフエクササイズなどを行って循環を保ちながら
 
スムーズに練習復帰することです。


 
 
当然練習をすれば疲労をしますし、
 
筋肉は疲労し緊張しますが
 
セルフエクササイズや入浴・睡眠で疲労を残さなければ
 
オスグットによるひざ痛もよい状態を保てるでしょう。
 

 
 
再度セルフエクササイズのおさらいをして次回としました。


 
オスグット、シンスプリント、ジャンパーズニーなどのスポーツ障害も
ご相談ください。お力になれると思います。

 
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
ご相談は 027−326−3323 までお電話でどうぞ!
author:元気が一番整体室, category:臨床例, 09:55
comments(0), -
Comment