RSS | ATOM | SEARCH
有痛性外けい骨の痛みが引かず練習復帰のめどが立たない野球少年 1

有痛性外けい骨の痛みで来室のA君(中2)は

チームでピッチャーを務める野球少年です。

 

1カ月程前に練習中に右足関節の内反捻挫をしてから

有痛性外けい骨の痛みが引かず

練習復帰のめどが立たないそうです。


 

病院では湿布やインソール・接骨院へも通いましたが

回復が思わしくなく、手術も勧められているそうです。

 

ご父兄は手術には躊躇がありHP・ブログで当室を知り

来室されました。



 

初回来室時は

歩行時の痛み

内くるぶし下部の圧痛、

足関節内反時の痛み

がありました。



 

 

まず有痛性外けい骨の痛みも

手術なしで整体手技(セルフエクササイズ)で

しかもその場で改善(100%ではありませんが)することを

体感してもらいます。


 

最初は内くるぶし下の圧痛を組織復元法で改善します。

 

まずはこちらでお手本を

「さっきよりも痛みが軽くなりました。」


もう少し続けます。

「だいぶ楽になった感じです。」


 

次に足関節内反痛の改善を関節動作法で。

 

A君の場合、少し角度を探さなければいけませんでしたが

3度目の角度調整で

「それ程痛くないです」と改善できました。


 

安定させるために足関節を固定しておきます。(重要です)

 

セルフでの調整の後は本格的に身体の調整です。

 

関節の可動域の検査をしていくと

右肩関節の動きが悪くなっています。

 

腰部の動きも左右差がありました。

 

有痛性外けい骨の痛みで歩くもの庇いながらでしたので

身体は大分歪んでいるようです。

 

骨盤と首の調整で循環を高め疲労を取った後は

下肢の緊張をとって行きます。

 

うつ伏せでも下肢の緊張を緩め、

再度足関節を調整していきます。


 

ここで起き上がって確認です。

 

足関節の内反痛は内反しながら右足に体重をかけていくと

最後で痛みありましたが、最初からみれば大幅改善。

 

内くるぶし下の圧痛も少し残りましたが

自分で圧痛を改善できましたので今回はこれで終了とし

注意事項を説明し次回としました。


 

当室では有痛性外けい骨の痛みは早い子で2〜3回

通常ペースだと大体4〜5回位で練習復帰出来る子が多いです。


 

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
ご相談は 027−326−3323 までお電話でどうぞ!

author:元気が一番整体室, category:臨床例, 09:13
comments(0), -
Comment