RSS | ATOM | SEARCH
左膝前十字靱帯再建手術後のひざ痛の調整 1
左膝前十字靱帯再建手術後のクライアントさん(40代男性)。
 
 
術後1カ月ほど経っています。

 
装具を付けてですが、1週間前からは職場復帰されました。


 
 
 
 
来室時の痛み・症状は
 
ひざの伸展で痛み
 
ひざの屈曲は90度位で痛み・可動制限
 
手術痕のひきつれ感や周囲の圧痛があります。


 
 
歩行時、特に階段を降りるときに痛みがあり
リハビリの先生からは「ニーイン」の癖を指摘されています。
 
 
職場復帰やリハビリなどによる疲労や
左足を庇っての動作による身体の歪みも気になります。
 
 
初回
 
最初にセルフエクササイズから。
 
関節動作法でひざの伸展はほぼ痛みは取れました。

 
ひざの屈曲は可動範囲の広がりはわずかですが
引き攣れ感が減りスムーズに動くようになったそうです。


 
 
手術痕の引き攣れは周辺の組織復元法を行ってみると
更に圧痛や「痺れたような鈍いような」感じが弱まります。
 
セルフケアの方法を試して変化を実感してもらったところで
体液の循環を高め疲労をとる操法を行います。


 
 
特に首が硬い、頭が重たいように感じます。

 
 
首・骨盤の調整で循環力を上げておきます。

 
 
骨盤の動き・脊柱の弾力・肩の可動などが出て
しっかり循環出来ているのを確認したところで
今回は深追いせずに終了。

 
 
クライアントさんにも

 
「今は無理にひざの筋トレをしたりストレッチ的に可動範囲を広げるよりも
身体の循環力を上げて、手術やその後のリハビリや仕事復帰による疲労をとり
自然治癒力を上げていきましょう」

 
と説明し次回としました。
 
 
リハビリも必要なのかもしれませんが
リハビリにより身体が疲労してしまい
充分な自然治癒力が発揮できないようでは元も子もありません。
 
しっかりとしたリハビリをする為には
キチンとしたコンディション調整も必要だと思います。
 
 

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
ご相談は 027−326−3323 までお電話でどうぞ!
author:元気が一番整体室, category:臨床例, 11:22
comments(0), -
Comment