RSS | ATOM | SEARCH
ふかふかのベッドで骨盤が緩んだ? 骨盤が開いている腰痛
 以前からの頭痛や肩こり・背中の張りなどの

不定愁訴が緩和してからも


2〜3ヶ月に1度調整を続けているKさん(40代女性)。



普段は頚〜肩にかけての緊張や

お腹の緊張が目立ちますが

今回は珍しく腰痛での来院です。



今月初めに家族旅行へ出かけ


終日歩きまわったり、


ホテルのベッドが柔らかだったりした所為か


ここ何日が腰が痛くなった。



特に来院前日からは痛みが強くなり

立ち上がる動作や寝返り、靴下を履く動作などが

痛くて不自由になっている。


車のシートに座っていても腰が痛い。


身体の歪みを確認すると


腸骨の左右差(左腸骨後傾)、股関節の可動も狭くなっています。


何よりも骨盤の開きが顕著です。




骨盤の歪みを整えサラシで骨盤を締めてみます。


これで寝返りの痛みは解消できましたので


股関節の可動域を調整して行きます。


ずっと歩きっぱなりだった所為か、


臀部大腿部は硬直しています。


カエル足の操体法で股関節を整え


臀部大腿部を揺らしを掛けて緩めていきました。


靴下を履く動作も痛みが無くなりましたので


最後にいつものストレスからくる


お腹の緊張を緩めて終了としました。


2〜3日はサラシや帯などで腰を締めておくとよいでしょう。



硬ければいい、と云う訳ではありませんが

腰が沈むようなフカフカのベッドは

腰にはかなりの負担を掛ける寝具です。

腰のアーチを失わせ、

骨盤の弛みの原因にもなります。

そして骨盤の弛みによる腰痛は

揉んでも改善できません。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027−326−3323までどうぞ。

author:元気が一番整体室, category:臨床例, 11:10
comments(0), -
Comment