RSS | ATOM | SEARCH
昔住んでいた仙台の状況が心配です
 私は昭和59年から4年間仙台にいました。

新卒後すぐに仙台へ配属になり


右も左もわからない新米サラリーマンとして


仙台市内・近郊を走り回っていました。


今でも地名を聞くと、あの辺りだな、と昔の光景が浮かびます。



その仙台をはじめとした東北一帯が


このような大きなつなみ地震にあうとは!!!


仙台で一緒だった人たちは如何されているのか?


心配でなりません。




現在、現地では救助・救援のプロが現地で活動しています。


今は彼らのプロの力が必要です。


私たちは、その後必要とされるであろう時に


支援が出来るよう、今は見守るしかないのでしょう。


じれったいですが、今はひとりでも多くの生存者の救出と


東北の皆さんの安全・健康を祈るばかりです。

author:元気が一番整体室, category:独り言, 09:01
comments(0), -
Comment